キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

リンク集

no_image

ダイエット関連リンク ダイエット挑戦ゴーゴー(http://55daietto.55street.net/)・・・ダイ

プライバシーポリシー

no_image

本ホムペでは、プライバシーデータのきちんとした取り扱いに関わる法令その他の規範を厳守し、ホムペアクセス者の個人データの収

自宅で白髪染めするならピュアリッチ・パーフェクト

no_image

「白髪が目立ってきたな~。」 鏡に映る自分を見て、ふと白髪が気になる。 そろそろ染め直しの時期。 あなたは、白髪を

新着情報

◆2017/06/26
リンク集の情報を更新しました。
◆2015/07/10
プライバシーポリシーを新規投稿しました。
◆2015/04/27
自宅で白髪染めするならピュアリッチ・パーフェクトの情報を更新しました。
◆2015/04/15
白髪染めとカラーリングって同時にできるの?を新規投稿しました。
◆2015/04/15
白髪を抜くという行為を新規投稿しました。

白髪染めの放置時間の本当のこと

「白髪染めの放置時間は長ければ長いだけ染まりやすい。」ってきいたことありますか?
筆者はコラムか何かで目にしたことがあります。
ウワサというか都市伝説というか、結構広まってますよね。
たしかにイメージとしては、長く放置した方が染まりやすそうですよね。
でも本当にそうなのでしょうか?
今回は白髪染めの本当に染まる放置時間について調べてみました。

■放置時間は長ければ長いほど・・・
放置時間が長ければ長いほど、まず、髪は痛みます。
ずっと強い液体につけているわけですから当たり前ですね。
そして、においも染み付きます。
まあこれもずっとつけているので当たり前ですよね。
さて、気になる染め具合はというと・・・
変わりません。

いくら長く放置したところで残念ながら染まり具合は変わらないのです。
髪の毛の傷んでいる部分に色が入ったりはしますが、基本的には、変わりません。
残念ながら放置時間を長くしても髪の毛は痛むだけなのです。
放置時間を長くして白髪染めを洗い流した後に、コシやハリのない髪の毛になってしまうのです。

■でも放置時間を変えた方が良い箇所もある
染まりにくい箇所。
根本やもみあげの部分は一番最初に染めてから毛先を染めましょう。
根本やもみあげは通所の放置時間よりも4~5分置いた方が染まります。
色がしっかり入りにくい部分ですのでね。
逆に毛先は、傷んでいたりするのでこれ以上キューティクルをはがさないためにも通所より早め(4~5分)に流すのもありです。

■まとめ
染まりにくい箇所(根本・もみあげ)は通所の放置時間よりも長めに放置した方が染まりやすい。
というのが、「放置時間を長くした方が染まりやすい」と言われてしまう理由だったんですね。
毛先など傷んでいる場所は早めに洗い流す。
などの工夫もしてぜひ綺麗にムラなく染めていきましょう。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2015 白髪を染めるならピュアリッチ・パーフェクト!自宅で簡単!~自宅で白髪染めするならピュアリッチ All Rights Reserved.